「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

「掛け合わせをした場合何代目まで採卵すれば(結果を見れば)よいの?」

特定の表現型の個体を生ませる場合、少なくともF3、F4まで見るとよいでしょう。実際には、目的の表現とその遺伝子型やそれらの組み合わせが複雑であったり、掛け合わせた親や選別した雑種の組み合わせがあまり適切でなかったりするとF5まで見る必要があることがあります。F5以降で目的の結果が全く出なければ最初の見当が外れているか選別を間違えた可能性が高いため見切りをつけて最初から始めます。親の遺伝子型を判断する多くの場合はF2、F3まで見るとよいでしょう。