「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

「メダカ飼育で失敗しにくい水温は?」

メダカ飼育で失敗しにくい水温は18~28℃です。18℃以下ではメダカの活性が低いためにエサ食いが悪く育ちにくく、消化が進みにくいために消化不良を起こしやすくなります。また、水中微生物の活性も低いためにメダカに適した環境が整いにくくなります。28℃以上ではメダカの活性が上がりすぎて体力の消耗が激しくなります。また、高温による体調不良や水中の溶存酸素量の低下により酸欠の危険性が高まります。さらにメダカ以外の水中微生物の活動も盛んになるため、それらの大量発生や大量死滅などにより水質の急変や酸欠になる危険性もあります。