「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

メダカ飼育に関するよくあるご質問、お問い合わせ~Q&A~

管理人ninomiya

メダカ君たちを飼育しているといろいろな分からないことに遭遇しますよね。生き物相手ではインターネットで調べてもなかなか「これだ!!」という答えにたどり着けないことも。そういうメダカ飼育の迷子の方に少しでも参考にしていただけるのであればと作成をしています、よろしければご覧くださいませ。

体調について

薬浴塩浴中もエサを与えてよいです。しかし、濾過細菌やバクテリアが薬や塩で減少、死滅してアンモニアや亜硝酸がすぐに発生しやすいため食べ残しや糞により水が汚れるとすぐに水を替えて、アンモニア中毒や亜硝酸中毒にならないように注意しましょう。エサは通常と同様に食べ残さないように注意する必要があります。体調が悪いと食欲が落ちていることが多いため、量の調整に普段より注意しましょう。

水替えについて

十分な水量でゆとりのある密度で飼育している場合は、夏には1〜2週間に一度を目安に、春と秋には2週間〜1ヶ月に一度を目安に行います。一定温度に加温している場合は2週間に一度を目安にします。水量が少ない場合や過密飼育の場合は頻度を上記よりも上げます。冬はメダカを刺激しないようになるべく水替えをしないようにして、水が蒸発などで減った分を足すだけにします。水替えの方法は、基本的には水槽の水の1/3〜1/2を捨てて、温度を合わせた新しい水をメダカに刺激を与えないようにゆっくりと足していきます。リセットで全部替える際は新規水槽に導入する時と同様に水合わせをしてからメダカを投入します。

給餌について

薬浴塩浴中もエサを与えてよいです。しかし、濾過細菌やバクテリアが薬や塩で減少、死滅してアンモニアや亜硝酸がすぐに発生しやすいため食べ残しや糞により水が汚れるとすぐに水を替えて、アンモニア中毒や亜硝酸中毒にならないように注意しましょう。エサは通常と同様に食べ残さないように注意する必要があります。体調が悪いと食欲が落ちていることが多いため、量の調整に普段より注意しましょう。

飼育上の危険について

特に駆除する必要はありません。しかし大量発生している水槽では動植物の死骸など有機物が多く、水の富栄養化が進行していたり、腐敗したりしていることが多くあるため、水の全替えやリセットをおすすめします。そして結果としてヒルを駆除することになります。その他、貝類をエサとするウマビルやセスジビルなどが貝類を飼育している水槽に発生した場合や飼育者が不快に感じる場合は駆除をおすすめします。

Load More

めだか本舗では、続メダカ飼育ページ内で取り上げてほしいメダカ飼育関係のテーマ、内容を募集しています。ちょっとした疑問でも「よくあるお問い合わせ」ページで取り上げさせていただくことがあるかもしれませんのでもしよければリクエスト下さいませ。※リクエスト専用となりますので本お問い合わせについて返信させていただくことはありません、予めご了承ください。-管理人ninomiya-

 

前の記事

メダカ飼育と麦飯石~メダカもエビも貝も活き活きうれしいその存在…

次の記事

メダカ飼育とエサの与え方~栄養、嗜好性を考えバランスよく~