「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

メダカ飼育とスネイル(スネール)~増えすぎる彼らとの接し方~

メダカを飼っていると屋内屋外問わずいつのまにか水槽内にいる小さな貝。「スネイル(スネール)だっ」と気が付くとすでに増えている気がする。そのまま放置するとまた増えている。。見ない振りするとやっぱり増える。。。リセットするにも出来た水がもったいないし飼育用品も一緒に乾かすのでまた初めからだしそもそもその手間が…。今回はそんなスネイル(スネール)のお話。

スネイル(スネール)って何?

スネイル(スネール)は巻貝を表す英単語snailのカナ読みです。スネールとも呼ばれます。アクアリウムにおいては巻貝の総称で用いられることもありますが、一般的には水槽に混入して大繁殖する小型巻貝に対して用いられます。

参考

アクアリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

テラリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

アクアテラリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

ビオトープフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スネイル(スネール)はいない方が良いの?

必ずしもいない方がいいということはありませんが、たくさんはいない方がいいです。適度な数のスネイル(スネール)はメダカの食べ残しや排泄物、水草の枯葉や藻類などを食べてくれる掃除屋や分解者として水質の急激な悪化を防いでくれたり、水作りや景観作りの手助けをしてくれたりします。しかし問題なのは大繁殖した場合です。大繁殖すると水槽内のバランスを崩す原因になることがあります。個体数が増えすぎると摂食量が増えるため、排泄物も増えて水質悪化に繋がります。食べるものがなくなってくると大量に死滅したり、水草がある場合は水草を食べ始めたりして水質や景観のバランスが崩れます。また多数のスネイルそのものが水槽の景観を損ねます。

スネイル(スネール)の主な種類

スネイル(スネール)として扱われる主な種類はモノアラガイ、サカマキガイ、カワコザラガイの3種類です。

モノアラガイは北海道~九州、朝鮮半島の湖沼や水田、小川などのやや富栄養化した止水、半止水域に生息しています。殻は高さ約25mm、幅約20mmに達し、卵円形をしており右巻きです。殻は薄く、薄茶色~茶色でやや透明感があります。殻に模様や脈はなく、殻内部の軟体が透けて黒色斑模様が見られます。殻口は広く殻高の8割程度に達します。殻口に蓋はありません。触覚は太く短い扁平な三角形をしており、付け根に目があります。雌雄同体で他個体と交接し、寒天質に包まれた数個~数十個の卵を水草や石、流木などに産み付けます。繁殖期は5~10月です。卵は2週間程度で孵化し、生後1~2か月で性成熟します。比較的大きいため、大量発生すると水質と水槽内の景観悪化の両方に繋がりやすい種類です。

サカマキガイは北米原産の外来種で、北海道~九州にかけて移入しています。モノアラガイと同様の環境に生息しています。殻は高さ約10mm、幅約6mmに達し、左巻きです。触覚は長く細い円錐状をしています。殻と体色の特徴、繁殖と成熟はモノアラガイに類似しています。水質汚濁の指標生物として扱われ、水質階級Ⅲ(汚い水に生息する生物)とⅣ(大変汚い水に生息する生物)に指定されており、水質の判定材料にされています。モノアラガイと同様に大量発生すると水質と水槽内の景観悪化の両方に繋がりやすい種類です。

カワコザラガイは北海道~九州の河川や湖沼などの止水、半止水域生息しています。体長は約3mm、殻は笠型です。軟体が殻の外部へ出ることはありません。肉眼では体の特徴はほとんどわからず、白い半透明の小さな粒として見えます。極めて小さいため水質悪化に関係することはほとんどありませんが、水槽の景観を損ねます。

スネイル(スネール)を発生させないためには

スネイル(スネール)を水槽に発生させないためには水槽に混入しないようにする必要があります。スネイル(スネール)は新しく導入する水草やメダカ、それらが入っていた水、発生した水槽で使用していた中古の飼育用品などから水槽に混入して発生することがあります。

水草にはスネイル(スネール)と卵塊ともに付着していることが多く、貝にばかり注意している場合には見逃してしまうことがあります。付着していることを確認したらカルキを抜いていない水を張った容器で水草が痛まないように手で落としたり、軽く濯いだりします。そして水草浸け置き用の容器か水槽を用意してそこに水草を投入し、スネイル(スネール)が発生しないか1週間ほど観察してから飼育水槽に投入します。上記の手順を省いて手軽に早く、より確実にスネイル(スネール)を除去したい場合には水草に付着したスネイル(スネール)駆除用のメダカに無害なトリートメント薬品を使用してもよいでしょう。

メダカにも稀にスネイル(スネール)が付着していることがあります。ヒレに稚貝がついていたり、メダカが口にくわえていたりすることがあります。水合わせをして飼育水槽に投入する前に横から観察できる小さな容器に入れて付着していないか確認します。付着していてもしばらくするとほとんどは落ちますので、落ちたことを確認してから飼育水槽に投入します。

また、水草やメダカが入っていた水に入っていることもあります。あらかじめ見つけたものはなるべく除去して、剥がれた卵塊が混じっていることもあるためその水が飼育水槽にあまり入らないように注意します。

その他、スネイル(スネール)が発生した水槽で使用していた飼育用品(水槽、濾過装置、底床、流木、石など)を使い回す場合にも注意が必要です。水道水で洗ってから天日干しでしっかりと乾燥させることによってスネイル(スネール)や卵塊を除去することができます。卵塊は寒天質に包まれており、多少の乾燥には耐えることができるため用品が乾いたのを目安に使用するとスネイル(スネール)が発生することがあります。卵塊までしっかりと乾燥させることが重要です。

スネイル(スネール)を大量発生させないためには

スネイル(スネール)をタンクメイトとして飼育する場合に大量発生させないためにはスネイル(スネール)が繁殖しにくい環境を作ることが重要です。スネイル(スネール)は富栄養化が進んで水質がアルカリ性、硬水に偏ってきた頃が最も大量発生しやすいため、定期的に水を替えてスネイル(スネール)が大量発生しやすい水にならないようにします。あらかじめ飼育水を酸性、軟水にすることも一つの手段です。スネイル(スネール)の殻はカルシウムなどの成分からなるため水の酸性化によりそれらがゆっくり溶けます。さらに軟水化によりミネラル不足になり、丈夫な殻が新たに形成されにくくなることで体調を崩させて成長と繁殖を鈍くさせて大量発生しにくくすることができます。水の酸性化、軟水化には土(ソイル)系底床とブラックウォーターの使用がお勧めです。詳細は底床についてのページとブラックウォーターについてのページをご覧ください。

スネイル(スネール)の駆除方法いろいろ

スネイル(スネール)を駆除する方法は主に3つあります。1匹ずつ手作業で駆除。薬品や駆除用用品で駆除する。水槽リセットです。

1匹ずつ手作業で駆除することは地道で根気が必要な作業です。隠れているスネイル(スネール)を見逃してしまうことがあるため効率の悪い方法です。

薬品で駆除することは手軽で早く、より確実な方法です。水に溶かすだけでスネイル(スネール)を駆除でき、製品によってはメダカやエビなどに無害なものもあるため、効率よく駆除することができます。駆除用用品にはスネイル(スネール)を誘引して閉じ込め、水槽から引き揚げてまとめて処分できるものがあります。これも効率がいいですが、すべてのスネイル(スネール)を誘引しきれないことが多く、何度も繰り返す必要があります。

最終手段は水槽のリセットです。全飼育用品を水道水でしっかり洗って天日干しで完全に乾燥させてから水槽を立ち上げ直します。洗って干す作業に時間と手間がかかるうえに水槽の立ち上げにも時間と手間が必要となりますが、最も早く確実に駆除する方法です。水槽の立ち上げの時間と手間はカルキ抜きやミネラル添加剤、バクテリア添加剤の使用により短縮、簡便化することができます。カルキ抜き、ミネラル添加剤、バクテリア添加剤については水質調整剤についてのページをご覧ください。

その他、スネイル(スネール)を食べる生物を投入することも一つの手段ですが、それらは熱帯性生物でメダカの屋外飼育環境と合うものが少ないうえに安定した屋内飼育や加温飼育の場合でもメダカとの相性が良いと言えるものがいません。さらにスネイル(スネール)を食べつくすまで時間がかかるため、ここではその説明は控えます。

メダカ水槽を彩るスネイル(スネール)とは?

メダカ水槽の水質や景観を悪くすると嫌われがちなスネイル(スネール)ですが、中にはメダカ水槽を彩るスネイル(スネール)もいます。それはラムズホーンです。ラムズホーンもまたスネイル(スネール)として嫌われることもありますが、その大きさや色、一風異なる姿から水槽を彩るタンクメイトとして人気の貝です。詳細についてはラムズホーンについてのページをご覧ください。

まとめ

スネイル(スネール)は水質の急激な悪化を防いでくれたり、水作りを手助けしてくれたりして飼育環境を整えてくれる一方で、大量に発生した場合には水質や水槽の景観の悪化をもたらすこともあります。スネイル(スネール)が発生しないように侵入経路に注意したり、タンクメイトとして飼育する場合には維持しつつ大量発生しないように適切な管理をしたりすることでそういった問題は防ぐことができます。駆除するには手間と時間が必要になりますが、短縮、簡便化する用品を使用することである程度は手間と時間を省くこともできます。小型貝類をメダカ水槽で一緒に飼育しようと考えているのであれば水槽を彩るラムズホーンはお勧めです。嫌われ者扱いされるスネイル(スネール)も付き合い方によっては水槽にメリットをもたらし、種類によっては水槽を彩ります。上手に付き合ってメダカ水槽を豊かに、そして彩りあるものにしてみてはいかがでしょうか。

めだか本舗では、続メダカ飼育ページ内で取り上げてほしいメダカ飼育関係のテーマ、内容を募集しています。ちょっとした疑問でも「よくあるお問い合わせ」ページで取り上げさせていただくことがあるかもしれませんのでもしよければリクエスト下さいませ。※リクエスト専用となりますので本お問い合わせについて返信させていただくことはありません、予めご了承ください。-管理人ninomiya-