「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

メダカの飼育水~メダカにとって良い水、強い水とは?~

メダカにとって水は生きるために欠かすことのできない大切なもの。”水が出来る””水を作る”とはなんなのか、理解し実践できるとメダカを飼うのがグンと楽になります。
メダカ用飼育水多め 0円(税込)
 ※生体をお送りさせていただく方に限らせていただきます。
※数量は何個でも量は変わりません。
数量 0円(税込)  

メダカにとっての良い水、強い水とは

メダカを飼育するにあたって、水は最も基本的なものであるとともに最も重要なものです。このテーマではメダカにとって良い水、強い水について解説をしていきます。

メダカにとって良い水、強い水ろ過細菌が定着、増殖した水です。ろ過細菌とはメダカにとって有害な成分を分解して比較的無害な成分にする細菌類のことです。メダカのエサの食べ残しや排泄物などからアンモニアが発生します。アンモニアは生体に強い毒性を示します。これを分解するアンモニア酸化細菌のニトロソモナス(Nitrosomonas)という細菌がいます。これはアンモニアを亜硝酸へと分解します。これもまた生体に毒性を示し、蓄積するとめだかに害を及ぼしますが、アンモニアほど強い毒性ではありません。これを分解する細菌が亜硝酸酸化細菌のニトロバクター(Nitrobacter)やニトロスピラ(Nitrospira)という細菌です。これらは亜硝酸を比較的無害な硝酸塩へと分解します。そして、これは藻類(主に緑藻類)や水草などに肥料として吸収、消費、分解されてなくなっていきます。この一定の流れが保たれるろ過細菌の量、バランスともにしっかりと整っている水がメダカにとって良い水、強い水と言えます。

良い水、強い水ができるまでの流れ

良い水、強い水ができるまでにはある程度の期間と順番があります。新規水槽の立ち上げからおよそ1週間~1か月でアンモニア酸化細菌が水槽内に発生、定着、増殖をし始めます。これが発生すると、アンモニアが分解されて、亜硝酸になります。これを吸収、分解する珪藻類が水槽内に発生し始めます。それが、アンモニア酸化細菌が水槽内に発生し始めたサインとなります。そしておよそ1~3か月で亜硝酸酸化細菌が発生し始めます。これが発生し始めると亜硝酸が分解されて、硝酸塩になります。これを吸収、分解する緑藻類が水槽内に発生し始めます。それらが発生したことが、亜硝酸酸化細菌が水槽内に発生し始めたサインとなります。発生から定着、増殖に要する期間は環境により大きく変動しますので、一概には言えませんが、新規水槽を立ち上げた場合、一般的に要するのは上記の期間が目安となります。底床とろ過装置を使用すると細菌類が底床やろ過装置内に定着しやすいため、短期間で定着、増殖しやすくなり、水ができた後もろ過細菌の量、バランスが安定しやすくなります。上記期間より早い場合は特に問題はありませんが、遅かったり、藻類の発生が見られなかったりする場合には何かしらの問題があると考えられますので、飼育環境の見直しをする必要があります。

良い水、強い水の作り方例と注意点

メダカにとっての良い水、強い水の作り方をご紹介します。新規に水槽を立ち上げる場合です。

まずは立ち上げる水槽にパイロットフィッシュを導入します。パイロットフィッシュとは魚種名ではなく、新規水槽へ最初に入れる魚のことを指します。このパイロットフィッシュには役割が2つあります。1つ目はろ過細菌類やその他細菌類を水槽内で発生、定着、増殖させる役割、2つ目は水槽内環境が魚の飼育に適しているか確認する役割です。ここではパイロットフィッシュはメダカとします。水量50Lに対しメダカの成魚サイズ1~3尾を水槽に入れます。この時、メダカのみを網で掬って水槽に入れるのではなく、入っていた水も一緒に入れます。メダカのみを入れても少量の細菌類は入りますが、元の飼育水に豊富に細菌類がいる可能性があるので、良い水の種水として利用します。ただし、ここで注意点があります。パイロットフィッシュが病気に罹っていないことと寄生虫等が寄生していないことを確認します。せっかく良い水を作っても、悪いものが入ってしまうとその後の管理に悪影響を及ぼします。パイロットフィッシュと種水は丈夫で元気にメダカが育っている水槽から選びます。パイロットフィッシュの世話は通常の管理と同様に行いますが、換水と掃除だけは注意点があります。1度の換水は全体の水量の1/4~1/3程度にします。換水量をそれ以上多くすると、バランスが崩れて細菌類の定着と増殖が不安定になってしまう可能性があります。また、珪藻類や緑藻類が発生してきた際に綺麗に掃除してしまうと亜硝酸や硝酸塩を吸収するものが減ったり、いなくなってしまったりするうえに、細菌類が定着する場所が減ったり、なくなったりしてしまうために安定して水ができるまではそのままにします

もしも、途中でパイロットフィッシュに何らかの異常が見られたり、寿命以外の原因で死亡してしまったりする場合や目安となる期間を超えたり、いつまでも藻類の発生が見られなかったりする場合には飼育環境に何かしらの問題があると考えられますので、見直しと修正をする必要があります。パイロットフィッシュを利用せずに、最初から飼育予定の尾数のメダカを飼育しながら飼育水を作る場合にはそういったことに気付く前にメダカにアンモニア中毒や亜硝酸中毒などの異常が見られたり、死亡したりすることがありますので注意が必要です。

2でご紹介した良い水、強い水ができるまでの流れが確認できたら水槽の立ち上げ完了です。飼育するメダカを投入します。いきなり多数を投入すると、飼育水のバランスが崩れてしまうことがありますので、飼育尾数を少なめから始めることをおすすめします。

その他に良い水、強い水を作るにあたって注意点があります。ろ過細菌の定着、増殖には水温とpHに関してある一定の環境条件があります。

まずは水温です。細菌の維持、増殖には一定以上の温度が必要になります。10℃以下の低水温の場合、アンモニア酸化細菌は維持、増殖をしますが、亜硝酸酸化細菌は減少していきます。亜硝酸酸化細菌を減少させないように、水温を10℃以上に保つ必要があります。安定した維持、増殖をさせるには15℃以上の水温を保つことをおすすめします。その他の環境要因によっても左右されますので一概には言えませんが、上記の水温をおよその目安とします。高水温は細菌類よりメダカの方が耐えられなくなりますので、メダカに合わせて高くても30℃程度までに維持してあげます。

次にpHです。アンモニア酸化細菌はpHの適応能力も高く、メダカが耐えられる範囲内であれば維持、増殖をしますが、亜硝酸酸化細菌はpHを6以上に保つ必要があります。pH6以下になると亜硝酸酸化細菌が還元した亜硝酸によって亜硝酸酸化細菌の維持、増殖が困難となります。pH6以下では亜硝酸酸化細菌は硝酸塩を亜硝酸に還元します。そして亜硝酸濃度が高くなります。亜硝酸酸化細菌による亜硝酸塩の硝酸塩への酸化は、高濃度の亜硝酸によって阻害されますので、増殖速度が落ちます。pHを6以上に保つことがアンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌の両方を維持、増殖させるためには必要となります。

その後の飼育水の管理方法

水ができてからの管理方法です。水ができてからは定期的な換水をしていきます。比較的無害な硝酸塩であれば大量に蓄積してもメダカに害がないわけではありません。直接的な害はほとんどなくても、様々な間接的な害があるうえに、せっかくできた水のバランスを崩してしまうことになる可能性があります。

硝酸塩過多になると緑藻類や藍藻類が大量発生します。髭状の緑藻類が大量発生すると、メダカが絡まり溺死する原因になる可能性があります。また、酸欠の原因にもなります。葉緑体を持っているため、光合成をして酸素を合成しますが、夜間や暗い時には二酸化炭素を排出します。さらに、藻類は大量発生した後に大量死滅する場合が多くあります。死滅した藻類は微生物や細菌類に分解されますが、今度はそれらが大量発生して酸素を大量に消費します。そして死滅した藻類や微生物、細菌類はバランスが崩れ始めた水ではすべてが分解されずに酸化していきます。pHが6以下になってしまうと亜硝酸酸化細菌は硝酸塩を亜硝酸に還元してしまい、それによって増殖が阻害されてろ過細菌のバランスが崩れてしまいます。一般的に浮遊性の緑藻類が発生した水はグリーンウォーターと呼ばれ、メダカ飼育に適した水という認識が広くありますが、上記の危険性を孕んでいるために一概にメダカ飼育に適した水とは言い切れません。グリーンウォーターに関しましては、個別のテーマで説明します。水ができた水槽は換水の頻度が少なく済むために油断してしまいがちになりますが、硝酸塩過多にならないように、定期的な換水や掃除を行ないましょう。

水草を入れている場合には硝酸塩は水草によって吸収、消費、分解されますので、硝酸塩過多の心配はあまりありません。しかし、水草を入れているにもかかわらず、緑藻類が大量発生する場合があります。これは飼育数と水量と水草のバランスがとれていないためです。エサの量や栄養分、日照などの細かな要因もありますが、主な要因は上記の3つのバランスです。飼育数と水量と水草の数の見直しをする必要があります。水草もまた、夜間や暗い時には二酸化炭素を排出しますので、多ければいいというわけではありません。さらに枯れた植物体を放置しておくと酸化の原因になりますので定期的な換水と合わせて水草の手入れもします。

次は季節ごとの管理方法です。

春は気温が次第に上昇してきて、水槽内の細菌類や微生物が活動し始め、メダカは食欲が出てきてエサの食べ残しや糞尿が出てくる時期です。冬季に亜硝酸酸化細菌が減少したうえに昼夜の寒暖差が大きいので飼育水が安定しにくい状態になっています。エサの食べ残しを出さないように量を調節し、水の状態やメダカの体調を観察しながらこまめな水足しや少量の換水を行ないます。

夏は気温が安定して高く維持しやすく、メダカの活性も上がり、飼育水が安定しやすい時期です。排泄物の量が増え、藻類や水草類が繁茂しやすい時期ですので、定期的な換水や掃除、水草の手入れなどをしっかりと行ないます。

秋は夏の管理から春先の管理へと徐々に戻していきます。

冬は先に述べたように亜硝酸酸化細菌は低温に弱いため減少していきます。換水や掃除をすると、環境の変化で一気に死滅してしまうことがあるので、緊急を要する場合でない限りは換水と掃除はなるべく控えます

まとめ

メダカにとっての良い水、強い水はろ過細菌が定着、増殖した水で、それはメダカにとって有害な成分を分解してくれます。アンモニア酸化細菌がアンモニアを亜硝酸に、亜硝酸酸化細菌が亜硝酸を硝酸塩へと分解して、メダカにとって比較的無害なものへと変えてくれます。アンモニア酸化細菌が先に発生して珪藻類が発生し始めた後に、亜硝酸酸化細菌が発生して緑藻類が発生し始めます。それらの藻類は細菌が発生し始めたサインとなります。発生から定着、増殖に要する期間の目安はそれぞれおよそ1週間~1か月、およそ1~3か月です。新規水槽で水を作る時にはパイロットフィッシュを利用します。ろ過細菌に適した環境を維持し、藻類発生のサインとパイロットフィッシュの観察をしながら水ができるまで待ちます。パイロットフィッシュの他に、底床やろ過装置を使用するとろ過細菌が短期間で定着、増殖しやすく、水ができた後も量、バランスが安定しやすくなります。上記の一定期間待っても発生したサインが確認できない場合やパイロットフィッシュに異常が見られた場合は環境の見直しをします。水ができた後は硝酸塩過多にならないように定期的な換水や掃除、水草類を入れている場合はその手入れを行なっていきます。季節ごとにろ過細菌が維持、増殖しやすい管理方法をとります。できあがった水を大切に使用して、メダカを元気に、丈夫に育ててあげましょう。

メダカ用飼育水多め 0円(税込)
 ※生体をお送りさせていただく方に限らせていただきます。
※数量は何個でも量は変わりません。
数量 0円(税込)  

めだか本舗では、続メダカ飼育ページ内で取り上げてほしいメダカ飼育関係のテーマ、内容を募集しています。ちょっとした疑問でも「よくあるお問い合わせ」ページで取り上げさせていただくことがあるかもしれませんのでもしよければリクエスト下さいませ。※リクエスト専用となりますので本お問い合わせについて返信させていただくことはありません、予めご了承ください。-管理人ninomiya-