「よくあるお問い合わせ(Q&A)」を更新(5/13)

メダカ飼育とウォータークローバー・ムチカ~幸せを呼ぶ四葉の水草~

屋外でメダカを飼うのに必要な水草の機能として遮光があります。ホテイアオイ、オオサンショウモとともに本種もその機能は高いものがあります。かわいらしさと一緒に涼しげな風を届けてくれる、そんな水草です。
gd768【メダカ飼育のための】ウォータークローバー・ムチカ20本+α【水草】 350円(税込)
※まとめ買い割引対象外商品です。
※一度のお買い物につき3個までとさせていただきます。
数量 350円(税込)  

概要、分類

ウォータークローバー・ムチカ(学名: Marsilea mutica)はオーストラリア原産のデンジソウ目デンジソウ科デンジソウ属の多年生の抽水・浮葉性シダ植物です。オーストラリア大陸の北部、ノーザンテリトリー準州に自生しているとされています。日本ではアクアリウム業界においてビオトープ用の水草、さらに観葉植物として流通しています。幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーを連想させる草姿に人気がある植物です。

参考

アクアリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

テラリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

アクアテラリウムフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考

ビオトープフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生態、特徴

草丈は成長期である春から秋にかけては5~20cm休眠期である冬には葉はなくなります。湖沼や河川、湿地の水底から生える抽水・浮葉植物です。水深が5cm程度、それ以下では葉が水上に立ち上がり、それ以上では水面に葉を浮かべます。明るいと葉を開き、暗いと葉を閉じる就眠運動を行ないます。葉をつけている茎のような部分は葉柄で、茎は葉柄と根を出している部分です。葉は基本的には空気環境に適応する「水上葉」を展開します。水中環境に適応する「水中葉」を展開することもありますが、これは厳密には水中葉ではなく水上葉が一時的な水深の変化などの環境変化に順応したものとされています。シダ植物であるため花はなく、胞子生殖と成長点の分裂による栄養繁殖をします。胞子嚢は葉柄基部付近に形成されます。

メダカとの関係、相性

本種はメダカと相性がいい水草として知られています。葉の表面積が大きく、その陰に隠れることができるので外敵や強い日差しから身を隠すことができます。また、水の富栄養化を防ぐ役割も果たします。メダカの糞尿などから発生したアンモニアが分解され、最後に硝酸塩が残りますが、植物は窒素を根から硝酸塩の形で吸収し、これと炭水化物からアミノ酸と炭水化物を合成します。これはほかの水草類にも当てはまることですが、他の水草類はそれによってすぐに増殖してメダカの泳ぐスペースを減らしてしまうために間引きが必要になってきます。ウォータークローバー・ムチカの場合は増殖ペースが他の水草類と比較して緩やかで、葉によって水面積は減っていきますが水中では細い茎があるだけですので、メダカの泳ぐスペースにあまり影響がありません。水面積が減りすぎた際には水面、水上に出た葉をハサミで切るだけで水面積を確保することができます。手間のあまりかからない水質調整役とバロメーターとなります。

人(日本人)との関係

アクアリウム業界、特にビオトープにおいて多用されています。上からの観賞が主になるビオトープにおいて四つ葉が水面に浮いていたり、水上で風に揺れたりする様子がかわいらしいため人気を博しています。

水槽内、他の植物との相性

本種は成長期には水面、水上に葉を伸ばしますので、水槽内に他の水草類と一緒に栽培する場合、真ん中から少し後ろ側に配置すると水景がきれいに整い、立体感が生まれます。日光を遮る役割を果たしますので、水中の水草類を強光から守ったり、水温の過昇温を防いだりすることもできます。成長は比較的緩やかで、1株から展開される葉の数はあまり多くないためすぐに水景を乱すことはほとんどありません。しかし、横に成長していきますので底床に直接植えた場合には、気が付いた時には思わぬ場所に移動していることがあります。胞子生殖で増殖しますので、思わぬ場所から発芽することがあります。成長点の分裂による栄養繁殖は増殖目的の栽培をしない限りあまり頻繁に起きないため特に影響も気に留める必要もありません。

実際にウォータークローバー・ムチカが届いて水槽投入までの流れ(メダカ水槽に入れる際の注意点、投入方法)

本種を導入するにあたって、水深を考慮する必要があります。水深が浅い場合には葉は水上に立ち上がり、深い場合には水面に浮きます。どちらの草姿で観賞したいかによって鉢栽培にするか底床植えにするかを選択します。鉢栽培では鉢の深さによって水深の調整ができますので、葉を立ち上がらせることが可能です。底床に直接植え込む場合にはメダカ飼育では水深が5cm以上は確保したいので水面に葉が浮かぶ姿となります。20cm以上の水深では深すぎて葉を伸ばすために体力を使い、株が弱ったり、その他の環境要因によっては枯れたりします。または冒頭で説明した水中に順応した葉を展開します。この状態はCO2添加、強光が必要となり、設備がない限り長期維持が困難となりますので、設備がない限りは水深を20cm程度にしてあげます。

メダカ水槽に導入するにあたって注意する点は、鉢栽培では鉢内の用土の微塵を流すこととゆっくりと水中に沈めることの2点です。

植え込み用土は水に沈み、水質を急変させないもの(入手可能であれば赤玉土)をおすすめします。鉢に用土を6~8割ほど入れておき、片手で株を持って植え付け位置に配置し、もう一方の手で用土を流し込みます。水に入れた時に株が浮かないように茎が少し土を被るようにします。そして、微塵抜きをしっかり行ってから水槽に投入します。微塵が鉢内に残っているまま水槽に沈めてしまうと水が濁ってしまい、メダカのエラや体表が傷ついてしまったり、水質が急に変化してしまったりします。水槽に入れる前に、水を張ったバケツなどにゆっくり沈めて引き上げる作業を何度か繰り返すか、水やりと同様の方法で上から大量に水をゆっくりかけて微塵を鉢底から流します。微塵が流れたのを確認したら、メダカ水槽にゆっくり沈めます。一気に沈めてしまうと表面の赤玉土が水槽内に散ってしまったり、万が一残っていた微塵が水を濁してしまったりすることがあります。また、メダカも驚いてしまいます。用土の間にある空気が抜けるより早く沈めないように気を付けます。鉢内に水がしみ込んでこないようでしたら、微塵がまだ残っていることがありますので、再度、微塵抜きを行ないます。水槽の底砂に植え付ける場合も鉢植えと同様に、底砂が舞い上がらないように行ないます。

維持難易度、維持方法(春夏秋冬別注意点)

本種は比較的幅広い環境に適応しますので栽培は容易です。温度に関しては、成長期は日本国内どの地域でも問題ありませんが、耐寒性がやや弱いため冬季は暖地以外の屋外では枯れてしまうことがあります。日当たりは明るい日陰から直射日光が適しています。多少暗くても枯れることはありませんが、葉が弱々しく小さくなりますので上記の日当たりでの栽培をおすすめします。

また、成長期は根が乾かない限りは問題ありませんが、冬季は休眠状態で水中の安定した環境を好みますので、植物体が空気に晒されないように水位を保ちます。また暖地以外の屋外栽培では枯れてしまうことがあるため晩秋から初冬の間に屋内に取り込みます。

繁殖難易度、繁殖方法

繁殖方法は先に述べたように胞子生殖と栄養繁殖です。胞子生殖は意図的に行うのが困難なためここでは省略し、容易な栄養繁殖を紹介します。栄養繁殖は成長点が分裂したものを株分けするか、摘心で頂芽優勢の打破をして行ないます。株の充実具合によって成長点の分裂のペースは変わりますが、肥料を与えなくとも、適切な環境で栽培されていれば緩やかに一定のペースで分裂は行われます。施肥をすると分裂ペースは速くなります。メダカ水槽で施肥をすると水質が悪化してメダカに悪影響を与えますので、別の水槽で行ないます。

分裂したものを分裂点で切って株分けを行ないます。また、頂芽優勢の打破は摘心で行ないます。葉が5本以上ある株の成長点から2~3本目の葉のところで切断してそれぞれを植え付けます。根元側の茎の途中から新しく成長点が形成されて株が増え、成長点側は引き続き成長していきます。

増えた株の株分け、植え替えはなるべく成長期に行ないます。根と茎を傷つけないように用土を水中ですすぎ落してから行うと簡単にできます。株分けをして枯れた部分を取り除きます。植え付けはメダカ水槽投入で述べた方法と同様に行ないます。根鉢を崩さずに大きな鉢にそのまま植え替える「鉢上げ」は植え替えの痛みが少ないため一年中行うことができます。

底砂に植え込んでいる場合は、むやみに引き抜こうとすると他の水草類もまとめて抜けてしまうことがあるため、慎重に抜きます。株分けと枯れた部分の整理をして、上記の方法と同様の方法で行ないます。

他のウォータークローバーの仲間たち

国産種:デンジソウ(Marsilea quadrifolia)、ナンゴクデンジソウ(Marsilea crenata)

外国産種:フギレデンジソウ(Marsilea schelpiana)、

まとめ

ウォータークローバー・ムチカはシダ植物であり一般的な水草とはイメージや生態が少し異なるかもしれませんが、耐寒性がやや弱いことを除くと丈夫で栽培・維持・繁殖が容易で、水中のスペースを余計にとらずに水環境や水景を整えますので、メダカ飼育と合わせた栽培におすすめです。メダカ水槽を幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーでかわいらしく彩りたい方や水景にこだわり多種多様な水草を導入する方が選ぶ一種類としてもおすすめの水草です。

gd768【メダカ飼育のための】ウォータークローバー・ムチカ20本+α【水草】 350円(税込)
※まとめ買い割引対象外商品です。
※一度のお買い物につき3個までとさせていただきます。
数量 350円(税込)  

めだか本舗では、続メダカ飼育ページ内で取り上げてほしいメダカ飼育関係のテーマ、内容を募集しています。ちょっとした疑問でも「よくあるお問い合わせ」ページで取り上げさせていただくことがあるかもしれませんのでもしよければリクエスト下さいませ。※リクエスト専用となりますので本お問い合わせについて返信させていただくことはありません、予めご了承ください。-管理人ninomiya-