« ということでどん | メイン | 春の日!! »

2015年03月13日

「メダカ!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
「メダカの水はどう用意したら良いの?」とお問い合わせいただくこ
とがありますが、水道水であれば数日(2、3日)の通常の単なる汲み
置きで問題なく使用可能かと存じます。カルキをより飛ばしたければ
エアレーション等をしていただけますと良いかと存じます。
飼育につきましては下記URLよりいろいろ記載をさせていただいており
ますのでもしよろしければ閲覧いただけましたら幸いに存じます。
http://medakahonpo.com/medakanokaikata.html
http://medakahonpo.com/faq_a.html


はい、それではみなさま本日もいってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「メダカのバリエーションを増やしてほしい(違う変異同士の掛け合わ
せ等)?」
A「ご要望いただきまして誠にありがとうございます、すべての変異バリ
エーションを網羅は出来ないかもしれませんがちょくちょく良さそうな
バリエーションを選択して作っていければと考えております。まことに
お手数をおかけいたします、なにとぞよろしくお願い申し上げます。」
-----------------
[メダカ君飼育予報]
(2015/3/13)
ググッと近づく春の陽気に誘われて庭のメダカ君たちもその顔をより頻
繁に見せてくれるようになりそうですね。最低気温が10℃に近づくのは
メダカ君たちの産卵への意欲を掻き立ててくれるひとつの要因となりま
す。昼間15℃以上、朝方8~10℃程度でエサをかなり食べるような時期
が続き、数週間ほどで産卵準備がOKとなってきます。東日本西日本の沿
岸平野部での目安は4月の上旬(北日本や高地ではこれからそれなりに
遅れてきます)。このあとは異常低温や長雨などがなければ継続してコ
ンスタントに(通常のご家庭での飼育でひと月からふた月ほど)生みが
続いてくれます。加温など、費用をかけずに繁殖をされたい方はこの4月
から9月頭までの五ヵ月間を大切にしてお世話をしたいところですね。
「夏場などに卵を25~30℃くらいで簡単に維持できるものってないの?」
と聞かれることがあります。これは弊社ではもう遮光シートなどで室温を
下げたりしますがご家庭であれば、これはかなり以前少し行なっていたも
のですが20℃とか30℃とかの温度設定可能な保温庫のようなものがあって
それに一時入れて保管していたことがあります。小さなものでしたからあ
くまでご家庭で少量使用する際のものにしか使えないでしょうが、市販で
その当時、数万円くらい?であったと思います(調べれば業務用でもっと
高性能のものがあるのかもしれませんが)。屋内に入れておいても夏場暑
くなり過ぎて、でも少しのメダカのために部屋全体をエアコンきかせると
いうのはちょっとどうもなあ、という方には良いかなと思った記憶があり
ますね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【ニュータイプ】黒丹頂メダカ5尾【高固定率】
【新着】キラ星メダカ緋色系MSサイズ5尾+α【ご奉仕品】
茶メタルメダカMSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジ桜メダカ(透明鱗)Sサイズ5尾(+死着保証分3尾)
黒目メダカMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2015_03_13_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2014年3月12日)  

image

(2015年3月12日)    

-

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2015年03月13日 03:36