« 二十四!! | メイン | フルフルフ!! »

2015年02月20日

春間近、いつにもまして!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
春間近、いつにもましてイソイソとする毎日の到来ですね、
どうやったっていそがしいのでもうなんかあきらめました。
遊びに行ったりできるかななどと考えるだけ無駄でしたー
そうやって秋まで突っ走りますー


はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「HPのトップページに出てた、また違ったタイプのヒレ長メダカはい
つ販売になるの?」
A「これは出来次第なのでまだ不明ですがおそらく春の間には少しお出
しできるのではないかと考えております。価格はまだ未定ですが当然
いつも書かせていただいておりますように弊社の方針に沿ったものとな
ります。」
-----------------
[メダカ君飼育予報]
(2015/2/20)
春の勢いと冬の名残が交錯する2月下旬、メダカ君たちの越冬もとうに
ピークは過ぎ、春の暖かさを待つだけとなっています。朝方の気温が5℃
を越えてコンスタントに10℃に近づいてくるとメダカ君たちも朝から動
きが活発になってきます。10℃を越えて15℃に近づけばもう産卵も目の
前、あとひと押しという状況になってきます。この2月の雨水を過ぎたあ
たりからはもう早いです。ここからのメダカ君たちの様子は冬の動きか
ら春の動きへとかなり変わってきて、3月半ば過ぎくらいまでで繁殖の気
配が高まる間の時間の経過は実感として「早いなあー」と思います。前
半は週ごとに、後半はもう日ごとに彼らの状態が上がってくるので楽し
い時期でもあると思います。エサくれ行動も目立つようになりますし目
に見えて楽しい季節となってきますね。「コンクリ水槽を作って効率よ
くたくさん繁殖したいんだけれど注意するところとかある?」というお問
い合わせをいただきますがコンクリ水槽でたくさん繁殖をするということ
自体あまり効率的ではないかもしれません。大きな水槽であれば稚魚は育
ちやすいですが産卵孵化は小さな水槽の方が管理はしやすいと弊社では考
えています。大きなコンクリ水槽で育成する注意点としてはできるだけ
底土の類は入れる方が良いと思います。なにも入れずに育てようとすると
比較スピードが遅い気がしますね。また同じ容量なら浅く広く作ること。
彼らは水深15~30cmもあれば十分なのでその分広さを確保してあげましょ
う。※浅い分水温は変わりやすくなります。真冬や真夏の水温管理は水深
が浅ければ浅い分だけ、気をつける必要もあります。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【ニュータイプ】黒丹頂メダカ5尾【高固定率】
【後揚がり】三色メダカのF1MSサイズ5尾【晩成型】
【新着】キラ星メダカ青系MSサイズ5尾+α【ご奉仕品】
リアルゴールド(ヒカリ)メダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
フロントアイメダカMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2015_02_20_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2014年2月19日)  

-

(2015年2月19日)    

-

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2015年02月20日 01:27