« 昨年は格!! | メイン | さっそく!! »

2015年01月02日

世間!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
世間的にお正月と言えども作業は続きますね、
地道にコツコツやってきますよー


はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「ヤゴが居てもメダカが食べられていない、どうして?」
A「ヤゴの専門ではないのであれですが弊社でもヤゴが居てもメダカが生き
ていられている水槽はあります。ただそれまで相当数が捕食され、生き残っ
ているという感じかなあと思っています。そしてすでにメダカ自体がかなり
大きく成長したためにヤゴが捕食しきれなくなっていたり水温が下がりヤゴ
の活性が落ちていたりヤゴの老化(というのがあるか分かりませんが)で
あまり食べない時期に入っていたりということでメダカが残っている場面を
目にはします。」
-----------------
[メダカ君飼育予報]
(2015/1/2)
荒れ気味のお正月、メダカ君たちの冬は続きます。日本海側などでは雪の降
り込み注意ですがすでに年末に一度経験済みでしょうから対処も同じように
蓋等で行うことになるでしょう。寒冷地では同時に冷え方にも注意を。小さ
な水槽ほどダメージは早く大きく広がります。年も変わったので何度目か分
かりませんが気温の目安を書くと夜間朝方氷点下付近をウロウロするくらい
の地域であればフリーパスとまではいきませんが冬の最初の対策を引き継い
でいるだけでほぼ越冬は可能となります。一方気温マイナス9℃10℃を頻繁
に下回るような地域では500リットルなどの巨大な水槽以外では屋内移動し
屋外での越冬は避けることになるでしょう。問題はその間のゾーン。よく氷
点下~マイナス5℃付近を記録する地域であれば水槽の装備や対処次第で越
冬は可能となります。いつも書いているように水槽容量は6~1000リットル以
上などなるべく大きくし肥土を厚く敷き、光量はきちんと確保、風裏に設置
したりスチロール容器での維持にする等で、冬にあまり慣れていない方でも
その確率を高めることが可能です。ただ当然ですがちょっと怖いなと思われ
る方はすっぱりと屋内での越冬をしてください。一か八かの賭けや無理はし
ないですませたいものです。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

(最新版)日の丸メダカMS5尾+α
【2014年】普通目墨黒(濃黒)S5尾+α【最新版】
【王者の】ヒレ長パーフェクトメタルのF1MSサイズ5尾+α【風格】
フルメタルメダカ白系Mサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2015_01_02_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2014年1月1日)  

image

(2015年1月1日)    

-

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2015年01月02日 06:08