« 本日!! | メイン | 毎日全!! »

2014年05月06日

連休も!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
連休も終わって梅雨前にやっておかねばならないことをどんどん進めて
ゆく時期になってきました。

水替えしてエサやって選別して出荷してセットアップして採卵して…そんなこんな
してるとすぐに季節は巡りますね。

梅雨が過ぎると、暑い季節がまたやってきます、


はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「体色ってどのくらいで揚がったり褪せたりするの?」
A「揚がるのは種類にもよりますし成魚になってからの個体と稚魚からの個体とで
また違うのでなんとも言えませんが、ひと月ふた月、もっとかかるものはかかりま
すからそれなりに時間はかかると思う方が良いでしょう。一方褪せるのにはそんな
に時間はかかりません。白い容器に入れて一日二日も経てば薄くなってくるものは
なるでしょう(種類によりこれも割と幅はあります)。ですので維持する環境と言
うのは他の魚たちよりも考えて選ぶ必要があって、それは長く飼っていると緑色の
水になって濃い色なのか薄い色なのかよく分かんなくなるという環境もありはしま
すがすべてそうなるわけではないわけなので最初の容器の色の選定はやはり大事な
部分だろうと感じます。」
-----------------
[メダカ君飼育予報]
(2014/5/6)
夏日も出てこようかという日和となってきそうですがメダカ君たちの飼育上は特
段問題はありません。引き続き問題は少なめの季節は続くでしょう。「稚魚を屋
外へ出しても良い?」と聞かれることがありますが、あくまでそれまで維持してい
た気温次第ではありますが朝の気温が10~15℃くらい保っていれば出せる可能性
は高くなるでしょう(もちろんちょっと繊細な系統だったりちょっと弱ってるか
なーと思うものは除きます)。また、孵化後2週間までの個体はそういった移動は
なるべく避けましょう。「HP内の画像を見たら入れ物をたくさん並べているよう
だけれどなぜ大きいのに入れないの?」と聞かれることがありますがこれは以前も
少し書きましたがすべて種類や系統などによって分けて繁殖をする必要があるた
めですね。それにいろいろ比較もできて新たな発見もしやすい気もします。大き
な水槽はあっても良いのですが弊社では部分的にあるだけです。またすべてを循
環して水質を管理しているのかとか聞かれることもあるのですがこれはしません
。メダカも生き物ですから病気が出る可能性もあるだけに、出た時に蔓延しては
困りますからなるべく分けて飼う形になります。魚はどうしても同じ水で飼って
いれば同じ病気にもかかりやすくなります(魚種が違えばまた別かもしれません
が)。もちろんかからない強い個体もいるわけですがそういうのは一部ですから
リスクはなるべく軽減する形で維持したいものです。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

オーロラメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
虹筋(にじきん)メダカアルビノ系Sサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
普通目墨黒メダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
元祖白メダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2014_05_06_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2013年5月5日)

-

2014年5月5日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2014年05月06日 03:44