« 今年は冷!! | メイン | 本日もビシッ!! »

2014年02月15日

昨日「今年!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
昨日「今年は冷夏?」と書いたのですがそういえば昨年も同じようなことを書いた気が
しますね。結果そうでもなかった感じですが冷夏だと、ダルマだけれはなく、他の種
類にも当然影響は出ます。気温20℃あるはずが15℃いかなかったりするわけですから
孵化しません。猛暑の場合は遮光すれば影響は抑えられますけれども冷夏はいけません
。時期にもよりますがど真ん中のどストライクの冷夏だとそれ以降つまり秋からの商品
補充にも影響が濃く出るのでけっこうドキドキなのですね。


はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「ビッグアイという種類の中でも系統があって特徴があると聞いたんだけれどどれ
が一番高価で優秀なの?」
A「優劣はともかくとして、以前も書きましたが弊社では3つ系統があります。オレン
ジビッグアイ系統、通常のビッグアイの系統、黒目ビッグアイダルマ系統の三通りで
す。色は別としてこの三つがそれぞれ別々のビッグアイの系統で、一番人気があるか
なと思うのはやはり半ダルマの血を濃いめに引く黒目ビッグアイダルマ系統のものと
なっています。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2014/2/15)
先週からの冷え込みもひと段落と思いきや繰り返される南岸低気圧といった感じで
なかなか季節の変わり目は荒れ模様ですが越冬明けまではもう少し、いろいろと春
の準備をしながら少々給餌はひかえ、待機しておきましょう。「雪が降って放って
おいたら死んじゃった。蓋しないとやっぱダメなの?」と聞かれることがありますが
、ここでも書かせていただいていますが雪が降っても多少降り込んでくるくらいな
ら問題はないはずです。ただ先日の大雪のように、一晩で何十センチも積もりそう
な時は蓋などをしておかなければ水槽に雪が降り込み続け、全体がシャーベット状
態となりこの段階でかなり厳しい状況になります。このときまだ肥土や枯葉などが
敷いてあって回避できる場合もありはしますが、問題が大きくなりやすいのが雪が
やんだ翌日の朝方にかけてくらいです。だいたい雪が上がったあとはそれ相応に冷
え込むのでシャーベット状の水槽をさらに凍結が襲います。こうなると水槽全体が
凍り、逃げ場がなくなって死んでしまうということになります。蓋をしなくても大
きな水槽であれば容量で回避したり、水をかけ流しにしておければ凍ることもなく
逃げれるのですが20リットルくらいまでの止水のプラ容器だったりすると、蓋をし
ないとちょっと厳しいかもしれませんね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【2013年秋】普通目墨黒(濃黒)S5尾+α【最新版】
イエローアルビノメタルメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
クリアブラウンメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
体内体表W光り白系LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
虹筋(にじきん)メダカ白系LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2014_02_15_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2013年2月14日)

image

(2014年2月14日)   

-

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2014年02月15日 02:55