« 新年おめでとうございます!! | メイン | 弊社お正月休みも!! »

2014年01月02日

本日もエサ!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
本日もエサやり採卵準備で動きます。

お正月、養殖場周辺は静かです。
ほんとゆっくりできますね


はい、ということでみなさま本日も、お正月ボケOKでいってみましょうー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「水槽の表面に膜みたいなものが張ってとれない、どうしたらよい?」
A「メダカを飼育していて個体数が少なかったり個体が小さかったりまた屋内等で水
面が雨や風などで水面が動かない状況ですと膜はどうしても張ります。原因の多くは
残餌や糞、生き物の粘液や剥離したタンパク質となります。そしてそのタンパク質や
有機物は水面で酸化しやがてアンモニアやリンに変化し水質悪化を招くと言われてい
ます。軽くエアレーションなどして水面に動きをつけてやると発生しなくなりますの
でご検討ください。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2014/1/2)
日本海側は厳しいですね(この時期毎年ですが)。気温が低い中日照もないとメダカ
の飼育条件としては最悪に近いのでなるべく防寒だけでもきっちろしてあげたいとこ
ろです。一年で一番寒い時期ですから以前も書いた”浅場”は作ってありますか?太
平洋側では寒中でも日照はある程度確保できるこの時期、水温が上がりやすい浅場の
存在は彼らの安らぎの場となるはずです。「ダルマメダカを作るのには卵の段階だけ
加温すればよいの?それともその後も加温する必要があるの?」と聞かれることがあり
ますがこれは以前も何度か書いていますが受精して何日目かには背骨の融合が認めら
れるようですので卵の段階では加温は必須です。また孵化後は背骨は増えないので関
係なさそうですが骨の大きさが変わる可能性はあるかもしれないので弊社ではその後
も加温します。こう書くとダルマを作るには採卵から稚魚の成長過程まで加温するこ
とになるので部屋全体を暖めた方が効率が良いかもしれません。いくつもヒーターを
つけているとどれかが電源が落ちてたということもあるかもしれませんしね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【2013年秋】普通目墨黒(濃黒)S5尾+α【最新版】
【小さいうちは光りナシ】フルメタルメダカSサイズ5尾+α【大きくなるとキラッキラ】
半ダルマメダカいろいろLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
クロメダカ(日本メダカ)LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
※年末年始休み…12/29~1/3
-----------------

blog2014_01_02_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2013年1月1日)

image

(2014年1月1日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2014年01月02日 00:20