« もうあっというまに!! | メイン | この冬からまたあらたに!! »

2013年11月18日

先日弊社事!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
先日弊社事務所でもストーブを出しましたがずっと石油ストーブを使ってます。
「電気ストーブじゃないの?」と聞かれることがあるんですが、まあどっちでもい
いんですがお湯沸かせたりするのでこっちのがいいなあと。
乾燥しませんしねヤカンかけてますと。まあ換気は必要ですけれどもね結露します
し。

ただ電気ストーブよりなんか懐かしい感じがするのでたぶんずっとこっちを使うか
なあとも、最近思ったりします、

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「最近ブログに張られている画像は何メダカなの?」
A「これはリアルゴールド(ヒカリ)メダカの幼魚です。クリアブラウンヒカリ
メダカのグレードアップ.verとなります。途中まではCBHとほぼ一緒ですが
色揚げ環境下だとほぼLサイズ以上くらいからグググッとブラックが鱗に載って
きます。これが濃くなると上級のリアルゴールドとなります。ただ赤が乗る個体
も出ることがあるのでこの場合は別の種類になってきます。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/11/18)
冷たい雨が降る中始まった11月第四週ですが秋冬仕様の屋外メダカ水槽では特段
やることはありません。冬の立ち上がりがうまくいった屋外水槽は、この冬の期
間内、あとは足し水と防寒処置の追加をするだけとなっています。「やることな
くてつまんない」という声が聞こえてきそうですが、これが無事のサインなので
、そのあたりはご容赦ください。逆にこういう風に屋外水槽ではやることはなく
なってくるため、屋内水槽とに分けて管理する方は増えています。前も書いたと
思いますが水温10℃を維持できると活性は底までは落ちずに動きがあります。動
きがあるということは日中の給餌なども行えるということなのでもし屋内飼育を
したければ屋外の個体を今から屋内へ移してもそれは切り替えは可能です。逆に
屋内でしかも加温などをしてぬくぬく維持している生体を今から屋外飼育へ切り
替えるのはやめておきたいところ。一日二日程度は耐えますが、徐々に消耗して
ゆくことになってきます。何度も書きますがメダカの扱いは四季それぞれで適宜
行うことでうまくなってきます。それは判断の連続で、時にその中にはやり直し
の効かない判断もあります。これを間違えずに行えるようになるには経験が必要
で、そして冬から逃げていてはうまくならないこともあるのですね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【進む掛け合わせ】パーフェクトメタル育種系統限定セットLMサイズ1ペア【伸びる光】
【春一番】三色メダカ選別モレ(色抜け個体入り)Mサイズ5尾【見逃せない】
虹筋半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジ半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_11_18_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年11月17日)

image

(2013年11月17日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年11月18日 02:06