« 本日はすぐ作!! | メイン | メダカ君たちと!! »

2013年11月15日

寒くなってきますと!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
寒くなってきますと屋外での作業がしんどくなってきますね。
朝方部屋の中で物が凍る、というなにかを超越した感じの弊社養殖場内で
今年も着々と冬を越してゆきます。

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「冬の間、まったく給餌しないでも大丈夫?」
A「これは水槽内の状況によります。水槽内になにか食べるものがある状況であれ
ば問題ないでしょうし、そうでなければ与える方が良いでしょう。たとえばまっさ
らな水槽であれば食べ物はなにもないでしょうがいろいろ入っている水槽(底土や
水草等)であればなにかと食べることができている状況になっていることがありま
す。またそれがあったとしても生体の数に対し十分でなければ痩せたりもしますし
、その辺りの加減が不安であればやはり水面に食べたそうに顔を出す日には給餌を
していただく方が良いかと存じます。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/11/15)
中々スカッと晴れず昼間も暖かさがもう少し欲しい、そんなこの頃ですがメダカ君
たちの越冬は着々と進んでいきます。今年からメダカ飼育を始められた方~熟練者
の方まで含め、越冬はその年の寒さ次第で様相が変わる可能性があるということは
頭に入れておきたいところです。単に暖かい寒いだけではなく、いつ寒く(暖かく
)なってそ後どのように暖かく(寒く)なるか、という推移等も影響したりするの
で毎年勉強するつもりで取り組めると失敗も減りやすくなります。飼育一年目の方
など越冬経験がない方は、最初の一回目は生体の大方を屋内で維持しておき、自分
の住む地域の冬の感じを経験してから二年目以降で本格的に越冬にチャレンジして
みるのもひとつでしょう。「ずっと住んでるからわかってるよ」というのではなく
、メダカを飼育しながら過ごす冬はまた違う感覚があるはずですのでそれをつかむ
必要があると思います。以前も書きましたが冬という厳しい時の飼育をマスターし
ておくことで冬場だけでなくそれ以外の季節やその変わり目でのメダカの取り扱い
にも長けてきます。なんでもそうかもしれませんが一見つながりがないようなこと
でも後で思えば「あ、そういうことなのね」と道がつながったような感覚が楽しい
メダカ飼育です。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

オレンジヒカリメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
【進む掛け合わせ】パーフェクトメタル育種系統限定セットLMサイズ1ペア【伸びる光】
フルメタルメダカ(親)LMサイズ1ペア(+1尾)
オールドオレンジメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オーロラメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_11_15_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年11月14日)

image

(2013年11月14日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年11月15日 03:07