« 本日も朝から!! | メイン | 本日もなんとなく!! »

2013年11月09日

書類の整!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
書類の整理などをしつつ息抜きに表に出てみて、夜空にぐうぜん流れ星でも
見つけたりしますとなんか、別になにがどうとかではないですけれども、
なんとなく「良いことがあったなあ」と思ってお仕事もはかどったりしますね。
弊社養殖場周辺は田舎なので星のかけらも見つけやすいです。

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「メダカのベストな水温を教えてほしいんだけれど?」
A「ベストな水温というのは特にピンポイントでというよりも、状態等にもよりま
すし幅もあるという形になります。冬眠が必要という考えであればそういう意味で
のベストな水温は5℃以下0℃以上かもしれませんし産卵一歩手前の状態でという意
図での水温であれば10~15℃程度かもしれませんし、産卵には20~30℃かもしれま
せんし孵化には30℃では高すぎるかもしれません。また、ずっと高水温で一定だと
疲れやすくもなるのである程度夜間は涼しくした方が良いという意見もあるでしょ
うし、そういう時の水温もまさに幅があるわけで、飼育上の目的や状態でそれぞれ
の水温の幅の中でおさめるのがベストかなと感じます。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/11/9)
週末またちょっと雨降りになりそうな日本列島ですがこの季節の歩みにメダカ君
たちも適応してゆくことになりそうですね。季節が進んでくるこの頃になるとだ
いたい「水槽の整理をしてなかった!」というあわてる方が出て来ますが夏終わり
から書いているように夏の産卵が終わった段階でできればすみやかに秋冬仕様の
たたずまいにしておく必要があります。その際に常に”ゆっったり飼育”とか”
稚魚から数週間経てば広い水槽へ”とか(これは夏終わりだけではないですが)
書いているのは、やはり冬になる前にきちんとその水槽に慣れておく時間は必要
で、そしてこうしておくと成長も早く体調も崩れにくいので必然秋に突入しやす
い水槽、生体にしやすいからです。夏以降そのままにしておくと気温は下がり始
めるわけで、いったん崩れた調子は悪くなる一方、同居する健康な個体も巻き添
えにしつつ秋に入り、という状態になって今に至ると厳しくなります。まだこれ
までは良いですが冬の寒波が入りはじめると具体的に現象となって表れてくるの
ですがその時はすでに手遅れになる可能性があります。今からであれば、もう朝
も冷えてきていますので整理し生体の状態をチェックして、加温が必要なものは
すみやかに、そして迷わず行うことになろうかと思います。そしてこの時期いっ
たん加温にした個体は来春までは加温のままの方が良くなります。いかにメダカ
が強い魚と言っても、常温で自前で越冬させようとすれば(他人がすでに準備を
してくれている個体を受け入れる場合は別としても)それなりに前もっての準備
は必要ということですね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

ヒカリメダカいろいろMSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
虹筋半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
ベビーピンクヒカリメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
フロントアイメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
虹筋(にじきん)メダカ白系Sサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_11_09_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年11月8日)

image

(2013年11月8日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年11月09日 02:17