« 先日かまれた!! | メイン | 書類の整!! »

2013年11月08日

本日も朝から!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
本日も朝から作業は進みますが今秋からはメダカ池の作業と
半分半分で進めてゆくことになりそうです。
今年中に池の作業を終わらせて中の作業に集中したいので
きっちりと前倒しでやろうと思います。
しかし、ふっと思えばクリスマスもひと月ちょっと後なんですよね。
この間まで暑い暑い言ってたのになんか実感がわきませんね。

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「メダカ飼育のための井戸を掘ろうと思うのだけれどどのくらい費用はかかる
の?」
A「これは井戸屋さんへお聞きいただくのが一番だと思いますが、たぶん単に掘
るのにも1mにつきいくら、と言うのがあって何十m掘るかという感じ多くはなる
のではと思います。水質的には深い方が良いのかもしれませんが深さに加え地質
やその業者さんによって掘り方みたいなものも異なるでしょうから価格はかなり
変わるんだろうと思いますね。あと水を吸い上げるポンプ自体の料金もかかるで
しょうからまちまちでしょうがだいたいおおざっぱに言って一回掘って100万円と
みておくと良いかもしれません。ただ掘っても出ないもしくは量が少ない(泣)
ということも十分考えられるでしょうからそういう時はどうするのか、事前に確
認しておく方が良いかと思います。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/11/8)
秋らしい変わりやすいお天気が続いていますがメダカ君たちもこの季節の歩みに
順に適応してくれていますね。先日温室で越冬と書きましたが、業者さんでもよ
くミスすることの一つに日中の換気忘れがあります。温室状態にすると晴れると
昼間室温はかなり上昇します。この時期でも40℃とかは普通なのできちんと換気
をしなければ(晩方冷えているので水温上昇によっての直接死はあまりないでし
ょうが)朝方との気温差でどんどんメダカの体調が崩れやすくなります。「温室
で囲ったからひと安心」というのはそうなのですが管理はする必要はあるのでご
注意ください。この時期恒例のお問い合わせに「メダカは体長何cmまでだったら
屋外で越冬できるの?」もしくは「いつくらいまでに生まれたものであれば越冬
可能なの?」そして「どういう環境であればすべてのメダカが越冬可能なの?」と
いうようなものがあります。これはずっとこのメルマガをお読みいただいている
方であればお分かりだと思いますが、すべて明確な線引きは難しいです。地域の
冷え方やその年の寒さの傾向、飼育環境と生体の健康状態によりますので一概に
は言えない部分となります。初めての越冬で不安であれば最初は強そうな種類を
少しだけ残し、あとはすべて屋内へ避難されても良いかと思います。ちなみに弊
社であれば1cm程度の個体であっても屋外で10リットル程度の水槽で真冬マイナ
ス10℃にも届こうかという環境の中毎年越冬させますがこれは経験があればこそ
ですので不安であれば上記のように最初は少しだけで二年目くらいから徐々に屋
外へシフトいただいて良いかと存じます。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

パーフェクトメタルダルマ/半ダルマメダカのF1Mサイズ5尾(+死着保証分3尾)
【F2なので】三色メダカのF2LM1ペア+1尾【その分お求めやすく】
ベビーピンク半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_11_08_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年11月7日)

image

(2013年11月7日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年11月08日 02:06