« わたくし休肝!! | メイン | 本日もすいませんさっそく!! »

2013年10月27日

すいません!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
すいません本日もビシッと息つく間もなく作業を開始します。
来春までもう実質4ヶ月くらいしかないのでけっこうあせってますね。
春一番には一気にものすごい量のご注文が押し寄せますので
毎年今の時期からすでにちょっと背中押される感じになってますね。

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「オーロラメダカを増やそうと頑張っているんだけれどなかなか増えない、どう
して?」
A「オーロラメダカは掛け合わせ結果等でいろいろ分からない部分が多いと以前書
いたことがあると思いますが、彼ら自身の繁殖もしやすいものとそうでないものと
あるようで、これらはそれぞれ掛け合わせをした結果でも異なることがあるようだ
ということが最近分かっています。繁殖しにくいものの方がちょっと変わった感じ
の個体も出やすい傾向がある気はしますがいずれにしてもまだ分からない部分が多
いのでまだギリギリ手に入れられるかなという今のうちに手元に置いておきたい種
類かなと個人的には感じています(そのうち表には出回らなくなる可能性も)。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/10/27)
まだ台風の影響が残りながらもちょっと落ち着くかという日本列島、気がつけば
10月も最終週で秋も深まる時期となっていますね。屋外飼育をされる方、屋内飼育
される方、加温される方、無加温の方と飼育意図によってさまざまに分かれるこの
時期となっています。だいたいですが屋外常温の方…夏からそのままというケース
、屋内常温の方…それまで屋外飼育だったが寒さが不安で冬の維持だけというケー
ス、屋内加温の方…屋内に入れるだけではまだ心配なので念のため加温するケース
、もしくは繁殖のため、または観賞用に活性を上げるケース、と言う感じでしょう
か。いろんな飼育方法はメダカの適応力を感じさせてくれますがコロコロ変えるの
はやめておきましょう。一度セットしたのに二週間後にまたガラリ異なる環境へ、
というのはいかに強いメダカでも体調を崩す原因となりえます。「水温に左右され
ないダルマメダカを作るにはどうしたら良いの?」とお問い合わせいただきますが、
これはシンプルに、ダルマメダカの繁殖の際に23℃等の低水温下で維持しつつ、出
て来たダルマをまた同じように繰り返して採卵してゆくしかないのではないでしょ
うか。ただ、夏場はどうしても自然と水温が上がりがちなのでやるなら秋冬のこの
時期か、もしくは夏場でも完全屋内でエアコンきかせてという形にはなってしまう
でしょうね。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

パーフェクトメタルダルマ/半ダルマメダカのF1Mサイズ5尾(+死着保証分3尾)
桜メダカ(透明鱗)いろいろLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
フロントアイメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
ビッグアイメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_10_27_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年10月26日)

image

(2013年10月26日)   

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年10月27日 03:18