« もうすぐ作!! | メイン | 地味な作業が!! »

2013年10月15日

ここのところ!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
ここのところ、来春の親の親を作るのにてんてこ舞いとなっております。
しかし油高くなりましたねえ。
冬場の生産コストが上がってしまいますよね。
もうちょいどうにかならんもんかなという感じですが、といっても
今の時期はまだよくて、一番きついのが1月。
寒いですからね。陽射しもまだ弱めですし。
まあ2月も寒いんですが、まだ2月に入ると陽射しが強くなるので楽なんです。
そして春の立ち上がりの3月に販売するための加温個体は2か月前の1月の生産分
がメインですのでやっぱりなにか冬の温室繁殖は1月がヤマ場ということになっ
てきてしまうんですよね。
年明け早々のボケたあたまで外は雪でも降って寒ーいのに、温室内汗ばむほどの
暖かさに保って、作業するわけです。
まあ、まさに天国のごとくあたたかいので幸せと言えば幸せなんですけれどね。


はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「メダカは人に慣れるの?」
A「慣れるといえば慣れるでしょうね。水槽に手を入れると乗っかってきたりし
ますし。ただ乱暴に扱ったり追い掛け回したりすると信用を失うのか、すぐに逃
げがちになっちゃいます。優しく扱っているうちは寄って来てくれて手をついば
んでくれたりもします。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/10/15)
引き続き秋の過ごしやすい時期は進んで屋外のメダカ君たちは季節適応中。そろ
そろ加温している水槽の個体は屋外にいきなり出してはいけない時期にも入りは
じめます。これからショップさんで生体を買う際には屋内加温飼育か屋外常温飼
育か、水温何℃維持なのかを確認してから買うことになってきます。自分のとこ
ろで屋内飼育するのであればショップさんでどちらで維持されている個体でも受
け入れOKですが屋外で飼うつもりならショップさんでも同じ程度の水温下で維持
されている個体を買いましょう。初心者の方ほどこれを守って徐々に慣れてゆく
ことで無駄な事故も減らすことができるでしょう。「ダルマメダカは屋外の寒い
ところで維持してゆくと形が伸びるの?」とこの季節がら聞かれる音があります。
個人的にはLMSサイズに渡り形が決まってしまってからは伸びることはないと思い
ます。ただダルマメダカの場合大きさに寄らずあまり10℃以下には冷えさせたく
ないです。せめて5℃までにはとどめておきたいかなと思っています。これは伸び
るとかではなくて単純にその繊細さのためですので孵化してしばらくきちんと保
温して形を決めたらあとは常温飼育でも大丈夫だろうと思います。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【最新版】パーフェクトメタルの選別モレ(兄弟個体)LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)【色変わり系統】
茶メタルメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
スノーホワイトメダカLMサイズ1ペア(+死着保証分2尾)
元祖白メダカLMサイズ1ペア(+死着保証分2尾)
人工産卵巣(浮上性)

-----------------

blog2013_10_15_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年10月14日)

image

(2013年10月14日)  

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年10月15日 02:16