« メダカ君たちの!! | メイン | もうすぐ作!! »

2013年10月13日

本日もさっそくですが!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
本日もさっそくですが作業に入ります。
過ごしやすさに背中を後押しされて仕事がはかどります。
メダカ飼育は半年後を見てするので今のお仕事はちょうど春の立ち上がり、
良い時期の準備となります。
今からもうすでにワクワクしますね。

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「掛け合わせをしていると水槽がいくつあっても足らないんだけれど?」
A「そうですね、一つの掛け合わせをすれば(親を一定期間残すとすると)余
裕で10個くらい必要になることが多いのではじめはほんとに一つ二つから始め
ないとおそらく水槽も足りず手も足りず、そのうち忘れて飽きて世話もできず
、ということになりがちです。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/10/13)
蒸し暑さも収まってくるのか、朝晩の涼やかな感触も心地良くなってきそうな
10月中旬となって来ていますね。ただまだ朝方15℃くらいある地域が多いので
メダカ君たちの活性は極端に落ち込むことはなく成長もしながら進むことでし
ょう。夏に生まれた子供たちもだいぶん大きくなってきていることと思います
がめだマガ読者の方ならアタリマエですがきちんと成長ごとに水槽サイズを大
きく(棲息密度を低く)設定していないと「あれー大きくならないなあ」とい
うことになります。日々の積み重ねなので気がついたときには大きな差となる
のがこれと給餌。すなわち適切な環境設定が出来ているか、適切な世話が出来
ていたか、このふたつがこの時期の成長具合となって表れていると思ったらよ
いでしょう。「お店で買うときに若い魚を選んで買いたいんだけれど、生体を
見て一年目の個体か二年目の個体か判別できる?」と聞かれることがあります。
これは正確にはちょっと難しいでしょうね。屋外飼育と屋内飼育だけでも成長
に差が出るわけですし。あきらかに小さな個体は一年目の個体としてもそれ以
上の個体を年数で判別するのはほぼ不可能でしょう。個人的には年数で買う個
体を選ぶより、状態で選んだ方が普通に良いとは思います。屋外で冬を越した
個体を買いたいという趣旨のものもあるようですが、一つの強いメダカの目安
として悪くはないのですが、あくまできちんと越冬した個体であることは条件
となります。フラフラで越冬するものもいるわけで、ただ越冬したからといっ
て無条件で飼育しやすいかと言えばそれはそうではないわけです。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【F2なので】三色メダカのF2LM1ペア+1尾【その分お求めやすく】
普通種メダカいろいろLMSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
虹筋(にじきん)メダカアルビノ系Sサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジテイルメダカSサイズ10尾(+死着保証分3尾)
オレンジブチメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_10_13_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年10月12日)

image

(2013年10月12日)  

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年10月13日 02:07