« 本日もビシッ!! | メイン | すいません!! »

2013年10月07日

なんか最!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
なんか最近毎日面接が入っていますが
メダカ屋さんはまずは体力勝負なので難しい面はありますね。
意欲があっても体力ないと気力がそがれますしね。
わたしも体力作りをそろそろ意識してやらなければならない歳になっておりま
す。
できうるなら趣味と実益を兼ねたいと思っておりますがさてさて…

はい、ということでみなさま本日も、いってらっしゃいませー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「メダカが届いたときに一緒に入っている水が濁ったりしている時があるんだ
けれどなんで?」
A「申し訳ございません、飼育水をなるべくそのまま入れさせていただいており
ますので多少濁りが入る場合がございます。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/10/7)
引き続き雲多めで暑すぎず寒すぎずの秋飼育は進んでいます。夏は暑さのため
過昇温と水質急変注意ですが秋になるとヤゴ注意くらいであとは朝の冷え込み
くらいでしょうけれどもしかしこれはずっと加温していた個体を屋外などに出
した場合ですので普段から常温飼育をしている個体には当たりません。なので
けっこう春夏よりものんきな飼育ができるはずなのですが「どうしてもメダカ
を死なせてしまう」という方がいらっしゃいます。これはいつの季節でもそう
なのですがメダカ飼育の大きな注意点というのはいくつかあるのはこの欄でも
普段から書いている通りですが、魚を扱う上でごく当たり前のことは書いてい
ません。また小さな、些細な注意点も書いていないことがあるのでこのあたり
を重ねてミスしている、ということがそういう方にはよくあります。ただこう
いう小さな些細な注意点はかなりたくさんあって、ケースバイケースというこ
とも多いので、飼育しているところを見るとひと目で「これとこれが原因かも
」と指摘できるのですがそうでない場合は発覚しないことが多いです。で、解
決できなくて飼育自体をあきらめてしまうという感じです。とりあえずできる
ことは、当たり前と思ってしていることをまずは疑ってかかること。弊社でも
以前なぜか生体が死んでしまうことがあり、いろいろ当たった結果、水道から
お湯が出ていたということが判明、こういう普段ならまずありえないことなの
で気がつかないということはよくあることです。本来強いメダカを死なせてし
まうのは必ず原因があるので、大きな原則を守っているならばあまり気にかけ
ることがない、思いもかけない足もとの小さなくぼみにつまづいていると考え
て点検してみましょう。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

ダルマメダカいろいろLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
【新着】火の玉メダカのF1Mサイズ5尾【レアもの】
元祖白ダルマメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
イエロー半ダルマメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
ホワイトアルビノメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_10_07_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年10月6日)

image

(2013年10月6日)  

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年10月07日 02:58