« ちょっと!! | メイン | 本日もさっそく!! »

2013年09月17日

草刈りと片!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
草刈りと片付け終わったらやっと動画に手を付けることが出来そうです。
今年の初めくらいには毎日でも動画を撮りたいと思っていたのですがやはりそこ
は繁忙期、なかなか手が空かないわけでして、どうも秋冬のお仕事として定着す
るしかないんだろうと思っております。

はい、夏の作業の締めとしてのこの場内草刈り大会、いっちょいってみますよー
(´∀`)

「本日のQ&A」
Q「フルメタル、パーフェクトメタル系で金色に見えるものがたまに入っている
けれどこれは違う種類なの?」
A「はい、違う種類といえばそうかもしれませんが、これは光の色ではなく、もと
の体色が色が揚がった時に薄いベージュっぽいオスだったりするので光が重なる
と金色に見えています。これはこれで奇麗だろうと思いますね。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/9/17)
すっきり秋晴れが心地良い連休明け、メダカ君たちのお世話にも身が入りそうで
すね。青空飼育では過昇温注意よりも朝の水温低下の方が注意という感じですの
で普通の稚魚や幼魚成魚は問題ないですが孵化して数日や孵化前の卵にだけは注
意が必要となるでしょう。こういう風に日々なにかに注意と書いていますと「メ
ダカを飼う時期がなくなっちゃう」と言われる時があるのですが、だいたいの傾
向としてここで書かせていただくことはパッと思いついてやることではなく、メ
ダカ飼育をしているのであれば知っておきたい、身につけておきたい知識や習慣
が多いと思います。めだマガを読んでいてハッとさせられる方はまだ初心者と思
っていただく方が良いです。読んでいてもだいたい知っているし先んじてやって
いるし、というくらいになればだいたい初心者卒業と思っていただけると良いと
思います。「瓶で飼おうと思っているんだけれどどんな瓶が良いの?」と聞かれる
ことがあります。えー瓶の専門の業者さんではないので網羅することはできない
のですがここでよく書いているように口は広いものを選びます。水表面が広く取
れる方がメダカには良いです。深さもあればもちろん水量が確保できるわけです
から良いのですがただわたし個人的には底が見えないくらいの深さはちょっと敬
遠します。光が入らないので土も腐りそうだしなにより個体の数や状態の確認を
しにくいので止水であればやはり30cmくらいまででしょうかね。オーバーフロー
させていれば水が澄むのでもっと深くてもいけるかもしれません。また厚みはな
るべく厚いものを、ガラス質ではなく土質のものを選びます。色は黒であればな
およいでしょう。良い陶器はメダカも元気です。土が良いのか作り手が良いのか
分かりませんが上記は同じ条件でも器によって育ちが良い悪いというのはあるよ
うですのでちょっと気にして違い等を見るようにすると面白いかもしれませんね

-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

【小さいうちは光りナシ】フルメタルメダカSサイズ5尾+α【大きくなるとキラッキラ】
半ダルマメダカいろいろLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジ半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
体内体表W光り白系LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
メダカ君専用肥土3kg(販売分)

-----------------

blog2013_09_17_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年9月16日)

image

(2013年9月16日) 

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年09月17日 02:29