« オリンピック、東!! | メイン | ちょっと!! »

2013年09月15日

本日もさっそく!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
本日もさっそく作業を開始ます。
暑さ寒さも彼岸まで。
最後までバテて倒れないようにボチボチいきます。
みなさまもあんまり仕事しちゃダメですよ。
いや立場上そんなこと言っちゃダメなんですがまあ
ボチボチくらいがちょうど良いですよね。

さあはい、いっちょいってみましょー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「夏から引き続いて繁殖のセッティングをしているペアたちが9月に入るとぱった
りと生まなくなった、どうして?」
A「メダカたちは暦を読めるわけではないでしょうから体感でそう判断しているのか
もしれませんが生まなくなるのは水温や日照の低下以外でも水質が悪化してたり生み
止まりだったりするのでそれらの可能性はないか一度確認はしていただくと良いと思
います。そのうえで生まなくなる、シチュエーション的に生まなければおかしいのに
生まないということは弊社でもあります。ただこれは夏場でもありますので原因はち
ょっとわからないのですが、春夏も秋もなにかちょっとしたネガティブな要素でそう
なっているのかもしれませんね。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/9/15)
少しずつ過ごしやすさも増してきそうな9月後半ですがメダカ君たちのお世話に
変わりはありません。先日も書いたように夏飼育の整理と体調管理で屋外飼育の
毎日は過ぎます。屋内飼育に移行するものがるのであればそれ用の水槽やろ過器
、照明やポンプ、土や水草あたりは用意することになるでしょう。繁殖をするの
であれば加温機が必要ですが停電した場合などを考えて電気がいらない方の石油
ストーブは念のため用意しておく方が良かったりします。まだ少し先ですが一応
書いておきますと「停電等で加温できずひと晩過ごしたりすると生まなくなるか
?」という問いが冬場になるといただくことがありますがその冷え方にもよります
ね。すごく寒くていっきに3℃とかになればそれは生まなくなります。しかし屋内
なのでまだ水温10℃そこそこくらいで止まってくれれば次の日復旧し加温しておけ
ば経験上ですが、引き続き生み始めてくれる可能性は高いと思います。ここでだい
たい「ダルマメダカも?」と聞かれるのですが生み自体は一緒ですね。ただダルマ
を作るのであれば水温はなるべく下げないというのはみなさんご存じの通りで孵化
待ちの卵水槽であれば15℃とかになるのは避けたいです。弊社であればだいたい20
℃は切らないようにしますしできるだけ25℃を維持するようにします。昼間の上昇
具合にもよりますがダルマはこの部分が一番重要なので季節は秋に入りますが一応
書いておきます。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

フルメタルメダカ(親)LMサイズ1ペア(+1尾)
オレンジテイルダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
元祖白半ダルマメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
イエローアルビノメタルメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
体内体表W光り白系LMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_09_15_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年9月14日)

image

(2013年9月14日) 

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年09月15日 02:58