« 「今年の!! | メイン | 秋は秋で忙!! »

2013年08月30日

黒い発泡スチロール!!

はい、みなさまお元気ですかめだか本舗 二野宮でございます。
えー
ということで
黒い発泡スチロール箱の反響があんまないのでひとまずやめておこうかなと思っ
ておりますね。
たぶん値段とその耐久性とで考えるとそこまで必要ないのかなあというところで
しょうか。
飼育用品としてあくまで発泡スチロール箱は安価であるべきでついでに買えるの
であればというところが大きいのかもしれませんね。

はい、本日もビシッと作業開始ですー(´∀`)


「本日のQ&A」
Q「黒い容器と白い容器はどう違うの?」
A「黒いと光を集めて水温が上がりやすいので夏は厳しいですが冬場は良い容器
となります。白い容器はその逆。夏場は水温が上がりにくくて良いですが冬は黒
い容器にくらべて水温が上がりにくいので比較厳しくなります。またどっちつか
ずでひとの目線で言えばきれいで横から魚を見えて良いのですがメダカにとって
はあんまり利点がないのがガラス水槽。ただどちらにも振れないということが利
点と言えば利点でしょうか。いやガラスなので冬場も夏場も直で温度を受けやす
いのでどっちにも振れやすいということですね。屋外に近い環境で飼うのであれ
ば個人的にはあまりお勧めはしないですね。」
-----------------
[メダカ飼育予報]
(2013/8/30)
雨と一緒に蒸し暑さもややもどってきそうですがガッツリとした暑さはもう引け
ているのでメダカ君飼育的には安心して過ごせる時期になったなという気はして
きました。日中汗ばむ陽気があっても朝方はヒンヤリする日がしばらく続きます
が先日も書いたように、特に通常の飼育を変える必要はありません。具体的に次
に防寒対策をするのはだいたい11月末。これは冬の第一弾の備えとなります。そ
れまではまだ暑い日のうちに水を替える方は替えて水槽内のチェックもしつつ秋
冬に向けての安定をキープしておきます。毎日バタバタと死んでいくというのは
もちろんのこと、死にはしないけれど水槽内の個体が全体的に痩せてゆくという
ようなことがあるともうその段階で冬を越すのが厳しいと言わざるをえません。
気温が低いとメダカは自分で体調を戻すのが難しくなってきます。水を替えたく
らいでは元に戻らないで死んでしまうことも多くなります。夏場であれば水さえ
変えてやれば過密飼育でない限りは徐々に回復してくるのが通常ですが冬はそう
いう意味では加温という方法をとる必要が出てくるので費用面、手間の面からも
まずそういう場面にさせないお世話が夏場より余計に必要となるでしょう。
-----------------
[商品補充のお知らせ]
♪まとめ買い割引フェア(5000円~5%オフ!10000円~10%オフ!!)開催中ですー♪

イエローアルビノ半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
ダルマメダカいろいろLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
オレンジ半ダルマメダカLMサイズ5尾(+死着保証分3尾)
イエロー半ダルマメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)
ベビーピンクヒカリメダカSサイズ5尾(+死着保証分3尾)

-----------------

blog2013_08_30_01

-----------------

-めだか本舗養殖場屋外気温推移-

(2011年8月29日)

-

(2013年8月29日)

image

-----------------

「RELAX MEDAKA・・・

~みなさまのメダカライフをより豊かなものに~」

投稿者 medakahonpo : 2013年08月30日 01:41